eye

2017/09/22

心の音…タシュ・スルタナ

今は便利なものでYou Tubeで世界中どんなジャンルの
音楽も聴くことができ見ることができる

昔は輸入レコードの店で気に行った紙ジャケットだけを
想像でとりあえず買ってみる  そんな感じだった…

当たりはずれはあったが キャバレーボルテールなんかに
であって感動したりした

そんな俺はいま夜な夜なYou Tubeで
新しい音楽を探したりしているんだ
最近すごいミュージシャンにであった!

タシュ・スルタナ
 
この女性の奏でるレゲエにしびれる
17917736_1508653525821117_5406732836773679153_o.jpg

オーストラリア人の半分、マルタ人の半分、スルタンはメルボルンで生まれ育った
スルタナの10代の年薬物中毒者で 彼女は17歳の時に薬物誘発精神病を発症し 
回復するために数ヶ月の治療を受けなければならなかった

定期的な仕事を見つけることができなかった彼女は
メルボルンの通りをぶらつくことに…

ギター、ベース、トランペット、フルート、パーカッション、サクソフォンなど
10以上の楽器で演奏できる彼女

どうやら波乱万丈の人生だ

22歳だからこれから どんな道を歩むのか楽しみだ
ただ今 彼女の音楽にひかれる なぜなら…

心の音がでている

本当にそんな感じなんだ ギターソロでおもわず涙がでた
こんな おっさんを泣かせる タシュ・スルタナの音は熱い…

Tash-Sultana-press-photo-cr-Clint-Peloso-2017-billboard-1548.jpg