上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
首根っこを掴んで パワハラ男を
工場から引きずり出した

「〇▽/×※!」

怒鳴り散らしていたら 工場長と部長が出てきて
仲裁に入った

「実はこの人には3回も警告していたのですが…」
と工場長は説明したが アホらしかった

何人も人が辞めていったらしい
会社としてなにも手を打たなかったのかい?

労働基準局に報告されたら一発で調査に入られるぞ!
そう助言しておいた

ほかの社員は怖くて何もできなかったんだろう
誰も見て見ぬふり 黙り込んでいた

そのことにも腹が立った
パワハラの被害者が俺に告白した

「毎日死にたいと思ってます」

だから俺は行動した!それだけのこと…

パワハラ男は謝罪をした

一件落着。

最近はおとなしくなって被害女性たちにも
やさしくなって 大声を上げることもなくなった

翌日 嫌だったが会社に出勤したら
おもわぬ声を社員の方々が俺に言ってきた

「よく言ってくれました」「あ~すっきりした」と喜んでいる
拍手をする人もいた

思ったけれど 余程うっぷんが溜まっていたんだな…
苦笑いしかできなかった…

俺は完全にクレージーだ。何も変わっちゃいない
短気ではなかったけれど 結局おとなしく赦してやることができなかった

変わろう変わろうと思ってきたけれど 本性は悪だ。
聖書であれほど学んだし イエスの教えの本質もわかってるはず…

まったくイエス目線ではアウトな行動だった

そのことだけが引っかかっている…
まだまだクリスチャンにはなれない…

おわり。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
となり部署のパワハラ男
その暴君ぶりは益々エスカレート

障害者施設を出て この会社に就職した
若い女の子がターゲットになっていた

「このバカ!」そんなこともできんのか!
それは仕事の指導ではなく 完全にいじめ

人格否定 人権無視 いくらでも当てはなる言葉はあるが
職場としては完全にパワハラ

泣きじゃくる女の子に まだ攻め立てるストレス発散

そして年配の女性にも そのパワハラの炎は飛び火する
もうムチャクチャ…

不思議なのは誰も無視
止めようとしないし 知らぬ顔 あの大声は聞こえてるはずなのに…

俺は年配の女性に告白された
「毎日 死にたいと思っています」

これには参った。だけど何もしないことにしていた
なぜなら主の祈りにある

「私たちも私たちに負い目のある人を赦しました」

これが引っかかっていた

隣人を愛せよ

イエスの言葉

この男をゆるせ そうイエス言ってる

飛び火は俺のところまできた 俺にまで暴言を吐くようになっていた
表面上おとなしく おとしなくしていた俺…

耐えなければイエスの教えに反してはならない
だが…

ある日 眠っていた俺の凶暴性が勝ってしまった
これ以上犠牲者を出すのは いかがなものか…

「おい!お前ちょっとこい」
男の首根っこ掴んで 持ち上げていた…


つづく…


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
プロフィール

風の住人

Author:風の住人
風の住人 1966年生まれ 京都府

心に吹く風をあなたにとどけたい。
拾いものは、ギターに聖書。そして花…
病を背負いながらも歩んでいく道は、イエスの示す道。
緑地の仕事をしながら、命の息吹を感じ詩に書き留める

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TIME
検索フォーム
リンク
風の部屋ホームページ
私の大切なものイエスの壁紙、おすすめアルバム、おすすめ映画、ギターの話など…何でもかんでもの宝箱です。
春夏秋冬
春にうららかな桜舞う始まりの予感。 夏は太陽のにぎやかさに熱い思い。 秋のまつりが終り日暮れに影がのび 冬にあなたへ想う雪舞う寂しさに身を抱きしめる。

季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。