毎日をどうみているか?

片手に虫眼鏡 もう片手に望遠鏡

近くを見ることも大切だが
遠くから見ることも大事

そうじゃないと全体像はつかめない
自分の立ち位置ってのは なかなか見えないものだ

身近には意外と幸せが多く
悩ます事柄なんて意外と小さなことに見えたりする

悩みごとは 視野を狭くする
どんな生き方だって よく考えれば可能だ

必要なものは主にすでに恵まれている

ネガティブなヤツ
ポジティブなヤツ

俺はいつもネガティブだ 妻はポジティブだ
どうせ生きるならポジティブの方がいいに決まってる

虫眼鏡でみえるのは現実
確かに現実で 避けては通れない

しかし 意外と望遠鏡でみると 大したことはない
だったりする…

どちらも大切だけど…
空中ブランコに乗ってると 夜空が見えたりする時がある

20131124133021.jpg

そんなとき いつも解放される
星空はいつも美しい…








にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
あがいてる
厳しい状況

8月いっぱいがリミットだ
時間もなけりゃ 仕事もない

長年歩んできた業界に戻ろうとしたが
お呼びじゃない

安倍ちゃんも景気は回復した
仕事もあるよ なんて言ってるけど

笑いが止まらない この現実のギャップ

おもえばこの8年間ほどで俺は
世の中の厳しさをとことん 思い知らされた

裏返せばよく順風満帆できた人生だったのか
ある日突然崖から転げ落ちた

そういう時だったのだろう

また 今もがいているのも そういう時なんだろう

正直言えば もういいんだ
楽しみも苦しみも 十分味わった

だが まだ続きがあるらしい どうも…
これがめんどくさい

まだ 時ではない時なんだね…





エンディングの曲だけは決めている
最後にこのギターを流してほしい…



にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
今回招いた 惨事も
過去に失敗したことも

俺自身の性格だろう
性格ってのは どうなんだろう?

成長とともに創られるものなのかな?
それとも赤ん坊でぎゃ~と泣いたときから決まってるのかな?

どうでもいいが
治るものじゃない いや治るか?

治そうとしたが無理だった
イエス様でも俺の性格は治せない

今度こそは どうか「おだやか」になりたい。
努力する

お前は短気だ
お前は瞬間湯沸かし器だ
お前はヤクザだ

過去にたくさんの人が忠告してくれたが…
本当にわかちゃいないから治らない

的確に当てはまる言葉がないが

punk-kid4.jpg

もしかしたら…パンクかも?
そう パンクみたいな性格なんかな?

若い時ゃいいけど
いい歳して この性格は治さないと生きていけないぞ

いろいろ考えるけど
ちっ!まあええわ! このまま生きろ

そんな風に思う時もある
ああ…ここらへんがパンクなんかな?

おとなしく…
おだやかに…なれ。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
けっ!
なんだよ。

行き止まりだ
どうにもこうにも

俺はこう思っていた
「俺は何でもできる」なんて言ってるヤツ

それは
「俺は何にも出来ねえ」って言ってるのと同じだ

男はさ 一筋に打ち込み極めるものだぜ
器用に何でもできるなんて 嘘っぱちだ

だけどさ 最近思う 軽~くなんでも経験して
手に職をつけておけばよかった

けっ!
なんだよ。

だけど後戻りはしないぞ
明日を狙え

何を言われようと何とも思わねえ
そんな歌(^^♪

毎日へこんでるが 夜になると元気になる
明日を狙え
明日を狙え








にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
長距離ランナー
どこまで走り続けなきゃいけないのか?

ヘタな履歴が邪魔をする
過ぎ去った年齢が邪魔をする

白髪を染めて 若くだます
背広にそでを通したのが ずいぶん昔

だが長距離ランナーは走り続けなきゃいけない
後ろを振り返る時間はない

さあ 根性を見せる時だ
真剣勝負だが 足についた鎖と鉛が重い

せめて断ち切って
無かったことにしたいが 犯した間違いは消えない

暑さで花は枯れ
心の泉も枯れる

向上心を振りかざすパワーがないが
転んでも ただでは起きないぞ 言い聞かす

頑張ってばかりじゃ いけないよ
時にはわざと癒されるんだ…

そんな歌を唄ってほしいんだ…









元気かな?たぶん… 違いない空の彼方


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
流れが大きく変わった
俺はまた 大海原をただよう

小さな船で 行く当てはない
だがどこかの島に上陸しなければいけないし

ほんの少し いや 大きく
生き方を変えなくちゃいけない

人間の欲望は尽きることがない
自分を守るため 他人を蹴り落す社会だ

正しくても 心があっても
器用にゴマすり人間が勝ち抜くのが この世

俺は生き方が下手
世渡りが下手なんだろう

本当のことにこだわりすぎた

これほどまでに汚れた人間を見たことがない
俺も汚れた人間だが ここまで悪ではない

さて その悪たちをどうするか

赦さなければ 俺に道はない
何も言わず赦すんだ

けっして怒ったり 短気はいけない
赦して十字架に近づけ

もう 花を植えることはない
予感は当たった

さようなら 俺の花
さようなら ダリア…


wasi (2)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
ブラックダリアがいい感じに咲き始めた
本来の深紅よりも 黒に近い赤

人気の品種だ

P1070771.jpg

俺も好きだ ブラックダリア(黒蝶)には裏話がある

1947年 黒い服を好んだことから「ブラック・ダリア」の通称で知られていた
女優志願の女性 エリザベス・ショートの死体がロサンゼルスの
Leimert Parkで発見された。

死体は激しく損壊しており 胴の部分で2つに切断されていたが 
洗い清められており 
犯人につながる証拠は発見されなかった。
また 事件発覚後に新聞社にブラック・ダリアの所持品が
送りつけられてきたが指紋は検出されなかった。

現在も未解決である。

恐ろしい事件である…この花と事件は関係ないが
そういうことである…

P1070772.jpg

俺はいつも怖いもの見たさで このダリアを植えている
だけど そんな恐怖は感じないし

見ていれば癒される…どうしてこんな色が生まれるんだ
不思議な花

通院でクスリが減った
あのエビリファイという統合失調症のクスリが減った

これで俺は統合失調症ではないということないなる

病気なんて薬を飲まなきゃ
病名はつかない


おもしろいよね!実際 最近俺は病気ではないような気がしてきた
だが 陽気にダンスをして歌ってるヤツを見ると落ち込む

バカなコントにも笑えない
こころが濁ってる 暗いんだよ

そんなことより この猟奇的な殺人事件とキレイな花の関係に
興味が湧く変態なんだ

捻りのある話には耳がさえる
まったく どうしょうもない うざいヤツなんだ

自分の置かれてる立場も わすれて ただ花壇に立つ
ボーとタバコを吸いながら花壇に立っている

現実と夢の世界のはざま…








にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
おそらく
最後の仕事

これがキツイ
俺が歳なのか 一人じゃこなせないのか?

わからんが
この猛暑がさらにこたえる

21日がキーワード
秘密のベールが剥がれる

決めなきゃいけない
いや決められると言った方が的確かな

感覚人間で鼻が効くから わかるんだ
ここを去ったほうがいい

なにも先のことは決まっちゃいないけど
このページは終わった方がいいような気がする

神の御心は あいかわらず つかめないが
後出しジャンケンになるが

さようなら…

そろそろ花あそびも 今年が最後かな…

変わっていく…

それでいいんだ

サイコロは振ってみなきゃわからない
いい目が出ることだってある

それも21日しだい

その前に 最後の仕事
最後の仕事がキツイ

鉛のような体を引きずって
明日もハシゴに登る

山茶花の生け垣100メートル
笑える…剪定

sazanka1.jpg

山茶花。今剪定すれば花は咲かない
いいんだ誰も見ていない

誰も俺のことなんか見てはいない…







にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
人が神様を求める時ランキング
一位は困った時かな?

二位は感謝するときかな?
まあ人それぞれだけど

どうしょうもない時は「神様!」だね

いま世界中で「神様!」って声が聞こえる
世界中を見ても 俺のまわりの小さなことも

もう神頼み
そんな感じ

思えば都合のいい話で 神様のあきれ顔がみえちまう
学習能力のないのは俺だけじゃない 全人類だよね

俺は裏切り人間

jixyujika.jpg

蒔いた種は刈らなきゃいけないし
風の中で唾を吐けば 自分に帰ってくる

急ぎ足の夏のせいか 花が終わっていく
バタバタ俺もかたずけを始めないとね

土の中でじっと耐えて 寒さと暗さに耐えて
芽をだし蕾をつけ そして短い花を咲かす

別に誰かに見てもらうためでもないだろう
自分のミッションとして咲き そして枯れる

ありのままに…神のミッション

ああ バラバもそうだ。
彼にもミッションがあった…変な話だけど

そろそろ風が吹く…
俺の背中に吹きつける

なんてことはない自然なことなんだよ
風が吹く…

神のミッションをするだけ…

あの人のように導かれて…

416712.jpg






にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村


素晴らしい天皇陛下
人柄にいつも 感謝です

いくつもの大災害でも駆けつけてくださり
あの笑顔に癒された方は多いだろう

誇らしいと思いませんか?

しかし 考えてみてください
とっくに定年退職がすぎてるよね

物凄い数の公務をおしつけるのは
もう やめたほうがいい

十分すぎるお仕事をされたことでしょう
どうか 静養され 残りの人生をゆったり過ごしていただきたい

emperorempress.jpg

この話に裏はあるのだろうか?
わからない

だが今の憲法は もし裏があった時の歯止めになってるのだから
憲法を無視することはできないが

陛下だって いつまでも時間があるとは言えない
何年もかかって憲法改正するんじゃなくて

なんとかできないものだろうか?
休ませてあげたい

どれほど大変だったか 想像できますか?





こんなに力強いRound midnightを聴いたことはない
命の限りJAZZが燃える 与えられるとはこういうこと




にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ
にほんブログ村
プロフィール

風の住人

Author:風の住人
風の住人 1966年生まれ 京都府

心に吹く風をあなたにとどけたい。
拾いものは、ギターに聖書。そして花…
病を背負いながらも歩んでいく道は、イエスの示す道。
緑地の仕事をしながら、命の息吹を感じ詩に書き留める

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
TIME
検索フォーム
リンク
風の部屋ホームページ
私の大切なものイエスの壁紙、おすすめアルバム、おすすめ映画、ギターの話など…何でもかんでもの宝箱です。
春夏秋冬
春にうららかな桜舞う始まりの予感。 夏は太陽のにぎやかさに熱い思い。 秋のまつりが終り日暮れに影がのび 冬にあなたへ想う雪舞う寂しさに身を抱きしめる。

季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』
QRコード
QR